2010年06月18日

<子宮がん>用語廃止を要望へ 日産婦学会(毎日新聞)

 日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は12日、「子宮頸(けい)がん」と「子宮体がん」を明確に区別するため、統計などで使われる「子宮がん」という用語を廃止するよう求める要望書を厚生労働省に提出すると発表した。正確な死亡者数を把握するためで、今後は同学会も全国の産婦人科医に死亡診断書などで「子宮がん」という用語を使わないように呼びかける方針。

 日産婦によると、子宮頸がんはウイルスが原因で子宮の入り口付近(頸部)にできるのに対し、子宮体がんは主にホルモンのバランスの変化で子宮内部の内膜にできるなど、両者は異なる病気だ。しかし、統計では両者を合わせて「子宮がん」としたり、「子宮頸がん」の検診を「子宮がん検診」と呼ぶなど、混合して使われるケースが多いという。

 小西郁生常務理事は「40〜50年前までは子宮体がんの患者はほとんどいなかったので、子宮頸がんを子宮がんとしても問題はなかったが、食生活の変化などで子宮体がんの患者が増え続け、混合が見過ごせなくなってきた。昨年、子宮頸がんのワクチンが承認されたが、死亡者数が正確に分からないと、効果も詳しく把握できない」と説明する。

 日産婦は要望書で、同省に公的文書での用語を改めるとともに、死亡診断書で使い分けるように他科の医師への指導も求めている。【斎藤広子】

【関連ニュース】
子宮頸がん:ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原
質問なるほドリ:子宮頸がんワクチンって?=回答・小島正美
子宮頸がん:住民検診、効率的な「島根方式」
子宮頸がん:予防ワクチン、小6に集団接種−−栃木・大田原
子宮頸がん:予防ワクチン、小学6年対象に全額補助へ−−美里町 /熊本

両陛下、特別支援学校に(時事通信)
日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
「くいだおれ次郎」旗振り サッカーW杯(産経新聞)
口蹄疫 情報いつ公開したら… 早め?確定後? 悩む自治体(産経新聞)
荒井国家戦略相「事務所費は議員会館での経費」(読売新聞)
posted by ワカツキ シュウジ at 16:32| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

次男を11日間トイレ監禁、食事は食パンと角砂糖 母と交際相手を逮捕 (産経新聞)

 中学生の次男を計11日間、トイレに閉じこめて虐待したなどとして、警視庁光が丘署は監禁の疑いで、母親の無職、中島まゆみ容疑者(47)=東京都練馬区北町=と、交際相手の職業不詳、川崎輝久容疑者(34)を逮捕した。

 同署によると、中島容疑者は容疑を認め、川崎容疑者は「女のやったこと」と否認している。次男は保護された際、頭や鼻を骨折し、全身にあざがあったことから、同署は日常的な虐待があったとみて、2人から事情を聴いている。

 同署の調べによると、中島容疑者らは2月、14歳で中学3年生だった次男を最大8日間連続で計11日間、トイレに監禁した疑いが持たれている。

 同署によると、中島容疑者らは次男を監禁中、食パンと水、角砂糖しか与えなかった。トイレに暖房はなく、便座カバーは外され、ドアには外側から板が打ち付けられていたという。

【関連記事】
“犬小屋”に2児を監禁1年半 「究極のネグレクト」回復の鍵は「愛着」
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望
女子大生「私の部屋に来ない」と誘って…美人局容疑で4人組逮捕
「指詰めたろか」大学生監禁容疑で高校生ら逮捕
「はやぶさ」帰還へ

区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)
就活支援で「卒業後も3年間新卒扱い」 公明党の参院選マニフェスト (産経新聞)
【集う】第18回橋田賞授賞式(産経新聞)
「鳩山政権支える」=小沢氏に伝達―亀井国民新代表(時事通信)
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19% 世論調査(産経新聞)
posted by ワカツキ シュウジ at 05:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)

 ファイル交換ソフト利用者を狙った暴露ウイルスによる詐欺事件。

 個人情報をインターネット上にさらされた感染者の中には、退職に追い込まれたり、懲戒処分を受けたりと重い社会的制裁を受けた人もいる。専門家は「ウイルス頒布の罪がなければ同じような被害が続出しかねない。法整備が急務だ」と警鐘を鳴らしている。

 都内の30歳代の会社員男性が、友人から「インターネットでお前の名前が出ているぞ」と携帯メールで連絡を受けたのは3月下旬。ネットで調べると、ネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」に、自分の名前と、仕事で使っているファイル名が公開されていた。勤務先の会社名も特定され、会社のホームページへのリンクも張られていた。クリックすると、ジャンプしたページには、自分の顔写真が載っていた。

 辞職覚悟で上司に報告したところ、厳重注意を受けた。今も個人情報はネット上に流れ続ける。「正直言って、恐ろしい。罪悪感もないままファイル交換ソフトを使ってしまったが、もうどうしようもない」と悔やむ。

 別の20歳代の男性は、氏名とともに自分がダウンロードしたアダルトゲームのタイトル一覧をネット上に流された。4月中旬には勤務先にも知られ、「会社に迷惑をかけた」として退職に追い込まれた。何度も再就職活動を重ねたが、「ネットに名前が出ている」として内定を取り消されたこともある。男性は「どうしてこんな事になったのか……」とかすれた声で話した。

 西日本の中学校の元校長も感染し、公開された「最近使用したファイル」の一覧には、身元が特定される学校の資料名とともに、膨大なわいせつ画像の名称が並び、ネット上で大騒ぎとなった。

 元校長は4月下旬、生徒の個人情報を含むデータ履歴をネットに流出させたとして、減給10分の1(2か月)の懲戒処分を受けた。元校長は「ネット上で何でも自由に手に入れるうち、感覚がマヒしてしまった」と悔やんでいる。

 警視庁幹部は「ネット上には悪質なウイルスが横行しており、今回の事件は氷山の一角に過ぎない」と話しており、同庁ハイテク犯罪対策総合センターに専従チームを設置し、警戒を強めている。

ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売
秋葉原17人殺傷第11回公判 救護の男性が出廷(産経新聞)
職場にいると息が詰まりそう……どうすればいいでしょう(Business Media 誠)
異例、審議1日で終了 衆院総務委、郵政改革法案を可決(産経新聞)
ダフ屋グループ8人を一斉逮捕=暴力団資金源か―福岡県警(時事通信)
posted by ワカツキ シュウジ at 06:48| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。